The International Institute of Touch Therapies
iitt.jp

サリー・ケイ &Dr.ピーター・マカレス他

サリー・ケイ

サリー・ケイは、現在オーストリア在住のイギリス人リフレクソロジストです。リフレクソロジーの研究と教育に注力しており、リフレクソロジー ・ リンパドレナージュ(RLD)の考案者です。また、リンパ浮腫や線維筋痛症、慢性疼痛、慢性倦怠感など様々な疾患の方へのアプローチを研究し、数々の補完療法の賞を受賞しています。2013年にウェールズがん慈善団体であるテノブスより、カーディフメトロポリタン大学と共同で実施されるリフレクソロジー・リンパドレナージュ(RLD)のさらなる研究のための資金を授与しました。これは2014年に完了し、結果は2016年の「医療の現場におけるの補完療法ジャーナル」に掲載されました。

Dr. ピーター・マカレス

救急医療の看護師を経て30年以上の補完療法の経験を持つピーター・マカレス博士は、クリスティNHS 国営医療保険基金でがん専門病院にがんと共に生きる人たちの心と身体の状態をサポートする補完療法の位置づけを定着させるという大革命を起こし、補完療法チームの礎を築きあげました。クリスティでの補完療法の功績がたたえられ、チャールズ皇太子よりプリンス・オブ・ウェールズ統合医療財団よりベスト・プラクティス賞を授与。また補完療法について大統領の前での演説やBBCテレビやラジオ、大学などでもで講演し補完医療の発展に尽力しています。様々な研究を行い、論文の発表や著書も多数出版しています。

アン・カーター

アン・カーターは、セント・アンズ・ホスピスにて補完療法サービスを開始させ、マンチェスターのクリスティホスピタルではシニア・セラピストとして従事しながらクリスティ統合医療病棟でのトレーニングプログラムの教育にも携わり、がんケアのための補完療法のディプロマコースの開発とトレーニングの運営を行いました。また、クライアントの状態に合わせ、音や香り、タッチなどを組み合わせ治療中の痛みや不安、不眠などに効果的に使用できる補完療法テクニックHEARTS プロセスの考案者です。主に医療従事者に向けてHEARTS プロセスの指導を行っています。※HEARTS(ハンズオン、共感、アロマ、リラクゼーション、テクスチャー、サウンドの略)

ポーラ・メイコック

ポーラ・メイコックは、クリスティで補完療法コースを教えるシニアセラピスト。鍼灸師であり、クリニカル催眠療法士、クリニカルアロマセラピスト、並びにクリニカルリフレクソロジストでもあります。クリスティホスピタルで日々クライアントと向き合い、クライアントや補完療法士仲間からも絶大な信頼を得ています。

ティム・ジャクソン

ティム・ジャクソンは、臨床、管理職、院長職で40年以上の医療経験がある特級看護師であり、助産師。
腫瘍学、血液腫瘍学、同種および自家骨髄移植を専門とし、また緩和ケアと終末期のケア・スペシャリストとして長年に渡り携わる。ティムは、ロンドン南部健康教育の終末期教育とトレーニング戦略の開発と編集や、英国がん対策プログラムにおけるサービスの品質の開発、国際的にもカタールにて「がんサービス」安全保障プログラムの導入に携わるなど、幅広く活躍しています。

Any review founded
COURSE
PRICE

「リフレクソロジー・リンパドレナージュ RLD 」& 「チェアー・マッサージ」 英国がんケアAMRセミナー

111,000円(税別)

VIEW

Contact Me