The International Institute of Touch Therapies
iitt.jp

「リフレクソロジー・リンパドレナージュ RLD 」& 「チェアー・マッサージ」 英国がんケアAMRセミナー

Teacher

サリー・ケイ &Dr.ピーター・マカレス他

Category

Course Reviews

Still no reviews

英国がんケアAMR【リフレクソロジー・リンパドレナージュ & チェアー・マッサージ】日本初開講!
WEB Liveセミナ― 2021年10月~12月(全6回 各3時間)+ ご希望の方は来日指導にもご参加いただけます。

ヨーロッパ最大級のがん専門病院であり、英国補完療法がんケアの最先端を走り続けるクリスティ・ホスピタル。 がん患者が抱える肉体的、そして精神的な苦痛をアロマセラピー、マッサージ&リフレクソロジーなどの補完療法により緩和させ、がん治療に組み合わせて行う AMRテクニックを日本初披露。

がんと診断された患者へのアプローチや取り組み、急性のがん、長期的な影響や回復、進行、ターミナルケア、エンドオブライフケア、手術、化学療法、放射線療法など、様々な治療や状態に適応させるための「リフレクソロジー・リンパドレナージュ」と「チェアー・マッサージ」を学びます。補完療法の経験やエビデンスに関する情報と共に、介入をうまく適応させるための重要な指針など、理論とツール、スキルがカバーされています。

今回のWEB Live+来日セミナーでは、クリスティで補完療法チームが推奨するリフレクソロジー・リンパドレナージュを創始者サリー・ケイと、補完療法チームを牽引してきたピーター・マカレスによる指導!

こんな方にお勧めです!

  • 患者へリフレクソロジーやマッサージなどの補完療法ケアをされている方
  • 医療現場で補完療法を導入したいと考えている医療従事者や介護士、リフレクソロジスト、マッサージセラピストの方
  • サロンや出張などで、がん患者へのトリートメントを考えているリフレクソロジスト、マッサージセラピストの方
  • 家族や大切な方へのサポートに、リフレクロソジーやマッサージを取り入れたい方
  • 治療中の精神的・肉体的苦痛に対して、リフレクロソジーやマッサージでQOLの向上を図りたい方

この講座で得られること

  • サリー・ケイによりがんケアの分野において研究開発された反射区を介してリンパ系への調整を図る独自のシークエンス
  • 乳がん治療後の手や腕のリンパ浮腫へのアプローチ
  • 下肢のリンパ浮腫へのアプローチ
  • がん以外の浮腫にも同様にアプローチが可能
  • 施術前後の腕のリンパ浮腫の計測法
  • がん以外の炎症を伴う状態や自己免疫疾患
  • 研究に基づくエビデンスベースの反射区を介したリフレクソロジー
  • チェアー・マッサージで行うがんケア
  • 着衣座位で行う患者と介護者へのチェアー・マッサージ
  • チェアー・マッサージで行う背面・肩へのアプローチ
  • チェアー・マッサージで行うハンド、腕、ヘッドへのアプローチ
  • 着衣のまま患者や介護者の状態に合わせて施術が行える
  • 介護者へのケアの重要性を知る

 

講座内容

リフレクソロジー・リンパドレナージュ(反射区を使用したリンパドレナージュ)

●リフレクソロジー・リンパドレナージュに関するリサーチについて
● リンパ系とドレナージュエリアの解説
● リンパ浮腫 – 原因と治療
● リフレクソロジー・リンパドレナージュと乳がんから引き起こされるリンパ浮腫
● 腕の計測と計算
● オリジナル施術プランを使用した腕のリンパ浮腫へのアプローチ
● RLD(リフレクソロジー・リンパドレナージュ)の流れ

リフレクソロジー・リンパドレナージュを使用した症状へのアプローチ

●免疫系、炎症、自己免疫疾患についての概要
●他の不具合に悩むクライアントへのRLD(リフレクソロジー・リンパドレナージュ)
●エビデンスベースの施術の展開
●一般的な評価基準の使用
●脚や他の部位の浮腫に悩むクライアントへのRLDの適応
●RLD ハンドリフレックス
●RLD(リフレクソロジー・リンパドレナージュ)の流れ
●実践観察と評価

チェアーマッサージで行うがんケア 着衣座位で行う患者と介護者への施術

●なぜ椅子を用いて座位で行うのか?
●チェアーマッサージに関するリサーチとメニュー
●状態の確認、施術の流れ、「オープナー」
●メインコース: 背面と肩
●ハンド、腕、ヘッドへのアプローチ
●クロージングテクニック
●評価と「ミニクリニック」

日 時

このセミナーはWEB Live 全6回で完結した内容となりますが、ご希望の方はWEB Liveをご受講後、コロナ禍の状態が落ち着いた後(2022年以降)来日直接指導を予定しておりますので、そちらにご参加(無料)いただけます。

●WEB Live 全6回(各3時間:16:00-19:00)

2021年
① 10月  9日(土)
② 10月23日(土)
③ 11月   6日(土)
④ 11月20日(土)
⑤ 12月  4日(土)
⑥ 12月18日(土)

※ご希望の方には、上記日程の他に、リンパ浮腫についての理論(約2時間)を事前にビデオ学習(テキスト付)が付きます。日程につきましてはご相談ください。

●来日指導 (時期未定 2022年以降予定 / 場所:東京または東京近郊を予定しております。)

※来日指導はWEBライブご受講者でご希望の方は無料でご参加いただけます。

受講料

111,000円 (税別)
 

講 師

サリー・ケイ

サリー・ケイは、現在オーストリア在住のイギリス人リフレクソロジストです。リフレクソロジーの研究と教育に注力しており、リフレクソロジー ・ リンパドレナージュ(RLD)の考案者です。また、リンパ浮腫や線維筋痛症、慢性疼痛、慢性倦怠感など様々な疾患の方へのアプローチを研究し、数々の補完療法の賞を受賞しています。2013年にウェールズがん慈善団体であるテノブスより、カーディフメトロポリタン大学と共同で実施されるリフレクソロジー・リンパドレナージュ(RLD)のさらなる研究のための資金を授与しました。これは2014年に完了し、結果は2016年の「医療の現場におけるの補完療法ジャーナル」に掲載されました。

Dr.ピーター・マカレス

救急医療の看護師を経て30年以上の補完療法の経験を持つピーター・マカレス博士は、クリスティNHS 国営医療保険基金でがん専門病院にがんと共に生きる人たちの心と身体の状態をサポートする補完療法の位置づけを定着させるという大革命を起こし、補完療法チームの礎を築きあげました。クリスティでの補完療法の功績がたたえられ、チャールズ皇太子よりプリンス・オブ・ウェールズ統合医療財団よりベスト・プラクティス賞を授与。また補完療法について大統領の前での演説やBBCテレビやラジオ、大学などでもで講演し補完医療の発展に尽力しています。様々な研究を行い、論文の発表や著書も多数出版しています。

参加条件

● 補完療法士(アロマセラピスト、リフレクソロジスト、マッサージセラピストのいずれかの方)または医療従事者。

● 初めての方:アロマセラピー、リフレクソロジー、マッサージのいずれも初めての場合は、いずれかの補完療法の講座を事前に最低12時間以上を受講した後、本コースに参加することができます。
フットリフレクソロジーベーシック2日間合計12時間)を特別価格(48,000→30,000円(税別))にてご案内しております。日程につきましては遠慮なくご相談ください。)
詳細につきましては、お気軽にお問合せください。

その他

● 3日間全ての日程にご参加頂き、またタスク(課題)を提出していただいた方には、RLD創始者サリー・ケイ女史、ピーター・マカレス氏(他、英国AMR講師陣)よりサティフィケートが授与されます。

● セミナーはサリー・ケイ女史とピーター・マカレス氏(他、英国AMR講師陣)の指導となります。

●セミナーの内容、担当講師は状況により変更となる可能性がある旨、予めご了承いただけますようお願いいたします。

● オリジナル日本語テキスト付

●日本語通訳付き

Price : 111,000円(税別)

Question